顧みればソウルコスモホールデイングス(株)(旧ソウル総合金融キャピタル)
との出会いは平成12年の春でした。当時私は国内金融機関の低金利に満足できず若干でも有利な物件はないものかと模索中で、偶々インターネットのホームページで同社を知り資料を請求のこととした。

折り返し資料が送付されましたが第一印象は予想に数倍する高利率に驚嘆し、また到底信じ難いもので目を疑い再度読み返して、やっと納得した次第でありました。

事業内容は資本金。業種。取引銀行。営業利益等まずまず良好な感触を得たが
注目したのは経営理念(追求する責任経営。学んでゆく先進経営等)また経営方針(プロ精神で目標達成。親切奉仕の精神。安全性補償の実現等)の二点で大企業の誇大な謳い文句でなく穏やかではあるが血の通った温かさの感じられる地道な魅力に共感を覚えました。

幸いにも東京にはインフォメーションセンターがあるので電話照会のこととしましたが、電話に出られた方は実に親切丁寧で、その穏やかな対応には一度に魅了され、こんな方がお勤めの会社なれば信頼できると直感しました。(後日この方が宮内部長と判明し流石と感じ入った次第である。)

電話照会により貸付について大方の決心はついたものの何分にも韓国は外国であり国情、経済状態等全く未知のもので疑心暗鬼から心の葛藤もあつたが最終的には自己の感受性を信じて決断しました。

私の場合初回の貸付はやや小額で試み制度に理解と信頼できることを納得して次回から増額を図り、以後契約更新を繰り返しましたが月日の経過は早いもので既に6年以上に及び今や会社に全幅の信頼は勿論、貸付に関する一抹の不安も無く毎月頂ける利子で、ささやかな老後が楽しめることに感謝しております。

貸付の種類としては実用貸付(長期間の契約により満期の時点で元利をうけとる高利率のるの)と毎月利子を受け取れる契約期間の短期のもの(通常13か月で契約期間満了じに元利を受け取るか契約を更新するか選択できるもの)があり私は後者を選択しており生活費の一助として役立っております。

利子の受領方法としては、毎月始めに電子メールにより本人の取引銀行口座へ送金の旨
来信があり、振込みを確認後その旨返信するものです。後日遅滞無く明細書が郵送されますので、メールが不得手の方でも大丈夫です。四季の風物の移ろいなどメールのやりとりで担当の方のお人柄に触れ楽しいひとときを過ごさせて頂いております。

この会社は社名の変更もありましたが、創業以来既に30年以上となり、業種としても確固たる地位を占め磐石のものがあると確信できます。国内では年金額の減少とか介護保険料の増加とか暗い二ユースばかりです。増収を図る方法として手っ取り早いのは高利の貸付以外にはありません。新しく運用を望む方があれば躊躇わず奨めましょう。

食わず嫌いでは駄目です。道は拓かれています。実行あるのみです。貸付をされる方が増加し会社が益々の発展を遂げ゛私どもの幸せが何時までも続くことを心から期待しております。


2007年5月31日